♡rariwow.info♡

らりをのブログです

🐼 R A R I W O . B L O G 💕
📶🔈🔔

rariwo.blog

Diary

昇給したから絵を買った

祖父の死に伴い遺品として絵を一枚もらった。 rariwow.info 祖父が遺した絵のほとんどは、1人の女性の肖像画で、全員少しこわい顔をしていた。 葬儀の日にすら最後の不倫相手が参列していたという徹底した好色漢だった祖父は、きっとたくさんの女の、こうい…

祭りの中の恋愛至上主義

保育園のお迎えの帰り道、近所の神社で節分祭りをしていたのでのぞいてみた。 入り口でむすめの友達親子と会ったので一緒にすこし歩く。するとからあげやのおじさんに呼び止められる。おじょうちゃんたち、からあげあげるからおいで。 ただで3個からあげもら…

絵の中の花

幼少期から家にいるという行為が好きだったが、年齢を重ねるにつれ実家の居心地が悪くなるような感覚があった。それと反比例するように居心地の良さを感じるようになったのが、徳島にある祖父母の家だった。 長年、そのことについては、わたし自身が祖父母の…

淳之介

中学生のころ、御多分にもれずジャニーズにハマった。 小学生のときは、NHKと『世界ふしぎ発見!』しか見てはいけない、という家庭の方針で、アイドルとの接点を持つのがむずかしかったが、中学に上がり、民放を見てもよい、という雰囲気になった。そこで、『…

いのる

あっ、この人わたしのこときらいだろうな、と感じたときにまっさきにうかぶのは「わかる」で、だから、きっと、わたしはわたしが他者だったならばわたしのことがきらい。 結果的に親しくなったひとで、最初わたしのことをきらいだと思ったというひとがけっこ…

とてもじゃないけどいいえと言えない

ごめんなさい。この続きは忘れてしまいました。 カルメン・マリア・マチャド(小澤身和子 訳)「夫の縫い目」 最近購入した家の頭金の支払いもおわり、来年はなんとかなりそうだね、とジュニアNISAの口座を開設する。 地方に住み、IT企業で共働きする夫婦と…

労働してきもちよくなってんじゃねえ

先日、急に夜中に死ぬのが怖くなって飛び起きて叫んだ。 死ぬのが怖いみたいな鋭敏さを、ここのところ普通にやり過ごせていたのですごく嫌。 なんで死ぬの、急に怖いのかというと最近真面目に労働をしており、その過程でなんか自分の身体、というか存在意義…

29歳になったよ

29歳になった。 よく、SNSとかでこんな大人になるなんて子どもの頃は思ってもなかったよ……的な発言を目にするけれど、子どもの頃のわたしが今のわたしを見たら想像以上に大人をしていて驚くだろうな、と思う。 小学生のわたしは幼心に自分の愚鈍さ、頭の弱さ…

新型コロナウイルスのワクチン打ったのに5Gに繋がらないし、磁性体になれなかったし、副反応が出た

住んでいる地域の医院で高齢者向けワクチンの余剰分を特に疾患のない18〜64歳向けに提供している、と聞き、慌てて予約を取ったのが先週。 そして今日の午前に意気揚々とワクチンを打ちに行った。外に出ると空は晴れており、今年初めてのセミの声を聞いてなん…

【正社員歴なし・28歳・派手髪・子持ち】ワケあり人材転職記

先日入社エントリを書いたが、当然正社員になるにあたって転職活動はしていたのでその記録を書く。 私:28歳、学生結婚・出産し、卒業後フリーランスとしてライター業をはじめる。IT系企業でプランナーのアルバイトも。正社員歴なし 転職希望業界・職種: IT…

好きな人と一緒なら眉毛全剃りでもシンデレラ

最近のむすめとわたしの流行語は「きらり〜ん」で何かにつけてきらり〜んしている。 きらり〜んしていたら、友達が鴨川にいるストーリーをあげていたので電話したら出ず、むすめと風呂に入る。 風呂から上がると件の友達から鴨川から帰宅後、眉毛全剃りして…

17年間一冊の本を待つということ。恩田陸『薔薇のなかの蛇』を読む

転職活動をしていたとき、たびたび聞かれた質問の一つに「どうしてライターになったのか」というのがあった。このどうして、を考えるとぶっちゃけなりゆきで、、、となるわけだが、そのなりゆきを整理すると、「本を読むことが好きだから」というのが大部分…

【コルセット最高】とりま俺のくびれ2021SSを見ろ【ダイエット】

気温が高くなるとヘソを出したくなるのはギャルの性。しかし、悲しきかな冬は太る。寒さに耐えるために脂肪を蓄える。しかも今年はコロナ禍もあってリモートワークに在宅遊びと、とにかく動かない。そのためわたしの体重もうなぎのぼりに上昇し、妊娠中にし…

ゴジラS.Pは最高、円城塔はかわいいを書くのがうますぎ

御多分に洩れず「ゴジラS.P」に家族でハマっている。食卓を囲みつつ一話一話大事に見て夫と4歳のむすめと三人でエンディングを歌うまで、いつも最高に楽しい。 好きなSFはたくさんあるけれど、その中でも今の世界とは異なる因果の中での日常を描いた作品が多…

鴨川・ソーシャルディスタンス・カポエイラ/古代エジプト文明/ばれえのれっすん

昨年秋、家族と友だちとカポエイラを習った。 通ったのは一度きり。カポエイラ・アカデミアという仰々しい名前の教室だった。一見すると胡散臭くも思えるその名に恥じず、カポエイラ・アカデミアは、わずか2時間ちょっとでわたしにカポエイラの基礎である「…

ブログって書けない

ブログを書くのはむずかしい。 職業ウェブライターたるわたしはなんとなく、何かを書くときにウェブ記事を書く思考になっていることに気づく。 エディタの前に降り立つと、自然とこの記事はどういうユーザー層に、だとか、どういう読後感で、だとか、が頭を…

ディグらないわたしも、受け取るスキル、磨きてえ--Zoomgals「生きてるだけで状態異常」、北村紗衣『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』

最近日記をつけていて、それを眺めているとわたしの生活、まじ凡でびびる。夫、むすめ、保育園、仕事、映画、友達、家、家事、本、繰り返される諸行無常。なんかちょっと前まで凡、いやだいやだ、という感じで何かになりたい感覚はあったけど、普通に幸せで…

みんなが寝た後、お母さんが考えていること

♡♡♡ ぼくは妹のとなりに座って「どうしてお母さんが死んじゃうんだい?」とゆっくり聞いてみた。そうすると妹が「お母さんが死んじゃう」と言ったのは、「いつの日かお母さんが死んじゃう」ということであるということがわかった。 森見登美彦『ペンギン・ハ…